PAGE TOP

HAPPY MAMA FESTA ハピママ

名古屋ママも参加 HAPPY MAMA FESTA

11月23・24日に、札幌で2回目となる「HAPPY MAMA FESTA SAPPORO」を開催。

会場の札幌ドームには、2日間で29,221名のお客さまにご来場いただきました。

今回は、名古屋で過去5回のハピママを支えてきた名古屋ママブレーンと、
6月に初の川崎開催を終えたばかりの川崎ママブレーンが札幌入り!

3会場のママブレーンが交流を深めた「第2回 ハピママ札幌」の模様をレポートします。

レポvol.1

札幌で第2回目となる開催!

札幌開催の第2回目ということで、名古屋同様にママブレーンから出た反省点・改善点やアイデアを活かしての会場作りを目指した今回。

2016年9月・第1回開催からさらにパワーアップした会場に、来場ママたちのHAPPYな笑顔が溢れました。

札幌ママブレーン

2016年9月の初回を経験したママブレーンの意見がさらに重要になってくる2回目。
ママブレーン活動に積極的なママたちも多く、ハピママを盛り上げよう、自分たちも楽しもうという姿が印象的でした。
「名古屋についての質問もたくさん受け、ハピママ札幌をもっとよくしていきたいとの熱意が伝わってきました。ぜひ、2月・名古屋も見ていただきたいと思いました。」

(名古屋ママブレーン 夏目佳代)

サツドラフェス

同時開催「サツドラフェス」

地元企業である「サッポロドラッグストアー」主催の「サツドラフェス」を同時開催。
ママに馴染みのあるドラッグストアー系メーカーの出展ブースでは、ママに嬉しいサンプリングやセミナーなども開催されました。
「ママだけではない幅広い客層が来ていたように感じました。企業がサンプル配布メインでなく講座なども多いことに驚きました。」

(川崎ママブレーン 佐藤さくら)

ゆるキャラ大行進

ゆるキャラ大行進

ステージイベントのラストに、会場にいる各社の着ぐるみが並んで場内を歩きステージに向かう「ゆるキャラ大行進」には、子どもたちだけでなくママや家族もみんなで注目していました♪
「ゆるキャラ大行進は、ちびっ子も大人もニコニコ笑顔で楽しんでいました。」

(名古屋ママブレーン 高田貴鶴)

レポvol.2

名古屋・川崎との違いとは?

2013年から過去5回の開催を経験した名古屋ママブレーンと、2017年6月に初回開催を終えたばかりの川崎ママブレーン。

それぞれの目線から、札幌ならではの会場づくりやコンテンツにも興味津々でした。

ママ100ブース

広い札幌ドームを活かして、「ママ100ブース」もアリーナの一角に配置。
ママ100出展者と出展企業との交流が自然と生まれるのが、いちばんの特徴かもしれません。
「会場全体がまとまりがあって、一体感を感じました。ママ100ブースもアリーナ内にあるのでイベントの流れも分かるし、あちこち見に行くのもスムーズでした。」

(名古屋ママブレーン 小塚清子)

サイエンスラボ

学生も運営に参加している実験型コンテンツ「サイエンスラボ」。
子どもたちと学生、そしてママと学生という、日常生活ではあまり交流がない世代同士の繋がりの場となりました。
「中学生、高校生がブースを担当しているところもあり、世代を超えた交流が出来る場でいいなと思いました。」

(川崎ママブレーン しのとうさとみ)

Kidsお仕事チャレンジフェスタ

「ママNavi」コラボによる23日限定コンテンツ。
子どもたちが、様々なお仕事体験をできるとあって、大盛況となりました。
「根強い人気のキッザニアのようで、大人でも体験出来たらと思ってしまいました。」

(名古屋ママブレーン 小塚清子)

レポvol.3

ママたちが繋がる!

名古屋・川崎からそれぞれママブレーンが札幌入りした今回。

開催初日のイベント終了後には、「3会場ママブレーン交流会」を初めて開催しました。

普段は遠く離れた名古屋・川崎・札幌で生活するママ同士が繋がることは、ハピママのいちばんの特徴です。

今後もハピママでは、ママブレーンを中心とした"ママたちの繋がる場"づくりを続けていきます。

まとめ

参加ママたちの感想

  • 例えばハンドメイド作品を販売したいと思った時にネットで簡単に販売できてしまうのですが、ハピママに参加し、いろんなママと交流できることの良さや楽しさ、またそこから広がって行く世界を、まだ経験していない地域の方にもお伝えできたらと思います。

    (名古屋ママブレーン 夏目佳代)

  • 印象に残っているのは、ご一緒した名古屋ママブレーンが「ハピママは本当に楽しい!」と言っていたことです。
    ママ系のイベントは沢山ありますが、こうしてママの声がちゃんと届いていくものは少なく、貴重なママイベントだと思います。

    (川崎ママブレーン 佐藤さくら)

  • 短い間でしたが川崎ママブレーンとも仲良くなれました。
    ハピママをこれからも発展させて行こう!という同じ想いを持った方たちと一緒で嬉しかったです。

    (名古屋ママブレーン 小塚清子)

  • 3会場のママと交流出来た事は、本当に嬉しかったです!
    今後、全国各地にハピママが広がって「全国に友達がいる!」そんなふうになるといいなぁと思います。

    (川崎ママブレーン しのとうさとみ)

  • 年齢に差があっても、住む地域が違っても、ハピママを通じてママがどんどん仲良くなって、「何かやってみたい!」と思っているママのきっかけになれたらいいなぁと思います。

    (名古屋ママブレーン 高田貴鶴)

HAPPY MAMA FESTA SAPPOROにたくさんのご来場をありがとうございました。

6回目となる2月HAPPY MAMA FESTA
2回目を迎える6月HAPPY MAMA FESTA KAWASAKIをお楽しみに☆

これからもハピママは、"ママたちが繋がり活躍する場"としてさらに進化していきます!